アスミールの安全性について

アスミールの安全性は高いと言われています。

 

アスミールの安全性について|危険度レベルは低い?

 

 

まず成分に関してですが、
アスミールに含まれる成分は、化学物質等を全くと言っていいほど含んでいない天然物です。

 

アスミールの安全性について|危険度レベルは低い?

 

 

 

↓アスミールの成分一覧↓

グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、乳糖果糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ごま由来)、亜鉛含有酵母、、カゼインカルシウムペプチド、粉末状大豆たん白、煮干しパウダー、コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、精製ナットウ菌培養物、メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー、DHA含有精製魚油粉末、未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L-アルギニン、ビタミンD、ビタミンB12(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

 

 

お子さんが直接口にするものですから、安全な成分ばかり使われてるのはありがたいことですよね^^

 

 

アスミールの安全性に対する取り組み

 

 

アスミールの製造過程を調べてみると、

 

残念な事にGMP認定はされているわけではないようです。

 

GMPに認定されていると「商品の品質と安全が約束されている」と評価できるので重要だと言えます。

 

 

 

これについてはマイナスポイントになりますが、

 

アスミールは商品の安心安全への拘りとして「原料はすべて国内で製造された原料」だけを使用しています。中国産のものなどは使用されていないので安心でしょう。

 

 

アスミールの安全性について|危険度レベルは低い?

 

 

 

他にも国内の工場で作られています。

 

国外の工場に比べて日本の工場は品質の基準が大変厳しいので安全性も群を抜いて高いです。

 

 

 

そして最後に、アスミールは放射能検査も行っています。

 

正直なところ、

 

放射能検査に取り組むことで高レベルな安全性が確保されているのかというと、実際そこまで断言できないのが本音です。

 

しかし、安全性にこだわっている販売会社の振る舞いがわかります。

 

放射能検査で反応がでないのは基本的に当たり前です。

 

反応するほど出ていれば国が動きます。

 

放射能検査自体を行なうのに、当然ながら高い費用がかかります。

 

 

 

高い費用をかけてまで、保護者や子どもさんに対して信頼感を提供したいアスミールの姿勢は高く評価できます。

 

いずれもどの取り組みも安全性に独自のこだわりがある証拠です。